日本赤十字社 秋田県支部
災害救護活動
赤十字奉仕団
看護師養成
赤十字講習
国際活動
医療事業
血液事業
青少年赤十字
乳児院の運営
社員増強運動
赤十字講習…皆様に健康で安全な生活を送っていただくために、日本赤十字社では秋田県内各地で講習会を実施しています。
講習の種類と内容受講の条件と資格
赤十字講習開催予定表
超神ネイガーによるAED実演
法人の皆様へ
赤十字秋田
point No.21
point No.25
point No.29
point No.22
point No.26
point No.30
point No.23
point No.27
point No.24
point No.28
line
赤十字秋田は日本赤十字社秋田県支部で発行している機関紙です。支部並びに各施設(秋田赤十字病院、秋田県赤十字血液センター、秋田赤十字乳児院、日本赤十字秋田短期大学)の活動状況を提供するとともに、年4回(春【4月】、夏【7月】、秋【10月】、冬【1月】)発行し、広く県民に赤十字の活動を紹介しております。
line
Get Acrobat Reader このホームページで使用しているPDFファイルをご覧になるためにはAcrobat Readerが必要です。最新版をダウンロードしてお使いください。
No21 2000年(平成12年)7月1日発行
No.21 No21-2
(1) 混乱の被災地に日赤の総力結集−有珠山噴火災害救援活動−
(2) あなたも習ってみませんか−赤十字点訳奉仕者養成講習会−
(3) 平成12年度青少年赤十字トレーニングセンターを開催
(4) 赤十字ふれあい広場を開催〜ジャスコ大館店・横手南店・御所野店にて〜
(5) 7月は「愛の血液助け合い運動」月間です−尊い生命を救う献血にご協力を−
(6) 空飛ぶ赤十字奉仕団「スカイハート」熱望の訓練飛行場確保、空から不法投棄も監視
(7) 表彰改正のお知らせ
(8) 幼児安全法のマメ知識−ゴムホースで簡単コーナークッション−
(9) 高額社資協力会社のご紹介(平成12年4月1日〜6月20日納入分)
line
No22 2000年(平成12年)10月1日発行
No.22 No22-2
(1) 救護班・奉仕団 災害に備え訓練重ねる−大地震を想定 県・秋田市の総合防災訓練−
(2) 相次ぐ災害に救援活動を展開
(3) 意識高まる 救護員辞令交付式
(4) 幼児安全法講習始まる
(5) 水上安全法指導員を目指して
(6) 平成12年度「NHK海外たすけあい」が始まります
 −平成12年12月1日〜12月25日まで−
(7) 平成12年度青少年赤十字トレーニングセンター開催
(8) 平成13年4月より「表彰制度」が変わります
(9) 高額社資協力会社のご紹介(平成12年6月21日〜9月20日納入分)
(10) 家庭看護法のマメ知識
(11) 働くお母さんに朗報「乳幼児健康支援一時預り事業」
line
No23 2000年(平成13年)1月1日発行
No.22 No22-2
(1) 「ナミー」「ハギー」が大活躍−NHK海外たすけあい街頭募金
(2) 「総合的な学習」に赤十字がお手伝い
(3) 赤十字奉仕団リーダーシップ研修会を開催−116人が参加、活動に新たな意欲−
(4) 日赤第1ブロック支部合同災害救護訓練
 −何が起こるか分らない被災地、臨機応変に対応する救護班
(5) 平成13年1月から2月まで「はたちの献血」キャンペーン月間です
 −尊い生命を救う献血にご協力を−
(6) 1人でも多くの理解者を−赤十字点訳奉仕者養成講習会
(7) 24時間診療体制の強化−秋田赤十字病院救命救急センターの紹介
(8) 雪上安全法のマメ知識
(9) 高額社資協力会社のご紹介(平成12年9月21日12月20日納入分)
line
No24 2004年(平成13年)4月1日発行
No.24 No.24-2
(1) 5月は赤十字運動月間です−赤十字事業へのご協力をお願いします!!
(2) 日赤秋田県支部コミュニケーションシンボルが完成
(3) 6月3日に「愛の芸能祭」−芸能奉仕団が開催−
(4) インド西部で大規模地震発生〜懸命の救援活動が今なお続く〜
(5) 秋田県赤十字血液センターよりポイントカードのお知らせ
(6) 水上安全法救助員養成講習会−新県立プール監視員対象に
(7) ママに代わって安心保育−乳児院「ショートスティ事業」
line
No25 2001年(平成13年)7月1日発行
No.25 No25-2
(1) 「赤十字ふれあい広場」を開催−5月6日、菜の花鑑賞会にて−
(2) 念願の「単独の奉仕団」結成−秋田経済法科大学厚生委員会学生赤十字奉仕団−
(3) 赤十字講習会のお知らせ−点訳奉仕者養成講習会・災害救護セミナー−
(4) 交通事故現場で役に立った救急法−赤十字スカイハート委員長八代千春さんが実践−
(5) 7月は「愛の血液助け合い運動」月間です−献血は誰にも出来るボランティア−
(6) 秋田周辺地区救急隊・秋田赤十字病院合同研修会
(7) 水上安全法のマメ知識
(8) 高額社資協力会社のご紹介(平成13年4月1日〜6月20日納入分)
line
No26 2001年(平成13年)10月1日発行
No.26 No26-2
(1) スポーツの祭典「秋田ワールドゲームズ2001に赤十字も参加!!
(2) 出戸浜海水浴場において溺者救助デモンストレーションを実演−水上安全法・救急法奉仕団が主催−
(3) 県内防災訓練−救護班、奉仕団が積極的に活動展開−
(4) 平成12年度日赤秋田県支部決算概要
(5) 青少年赤十字トレーニングセンターを開催−岩城少年自然の家にて−
(6) 愛の血液たすけあい運動報告−「献血キャラバンふれあい広場」を実施
(7) 秋田経済法科大学校友会日赤支部より「乳幼児ベッド」が寄せられる
(8) 高額社資協力会社のご紹介(平成13年6月21日〜9月21日納入分)
line
No27 2002年(平成14年)1月1日発行
No.27 No27-2
(1) 秋田駅改札口前に事業PRパネルを展示−NHK海外たすけあい−
(2) おばあちゃんの苦労がわかったよ!−JRC児童・生徒交流会−
(3) 美しい音色が院内を魅了−秋田赤十字病院院内ロビーコンサート−
(4) 「はたちの献血キャンペーンが始まります−1月1日〜2月28日まで
(5) 平成13年度日赤防災ボランティア・リーダー養成研修会をふりかえって
(6) 救急法のマメ知識
(7) 血液センター・乳児院でクリスマスイベントを実施
(8) 日赤秋田県支部に多額の事業資金を寄付
line
No28 2002年(平成14年)4月1日発行
No.28 No28-2
(1) 5月は赤十字運動月間です−赤十字の活動資金にご協力ください−
(2) 赤十字災害救護セミナーを開催
(3) 支部評議員会を開催
(4) アフガニスタン勉強会を実施−青年奉仕団団員研修会−
(5) アフガニスタン救援結果並びに今後の活動予定
(6) 習っておきたい役立つ技術…健康で安全な生活のために
 あなたも参加してみませんか?−赤十字講習−
(7) 第19回NHK海外たすけあい報告 皆様のご協力誠にありがとうございました
(8) 草木小学校がアフガニスタン復興にひと役!
(9) 各地で災害救護の研修会を開催
(10) 病院・血液センターでホームページを開設
line
No29 2002年(平成14年)7月1日発行
No29 No29-2
(1) 能代市・横手市地区で災害救護セミナーを開催
(2) 赤十字運動月間を彩る!−「What 赤十字?」パネル展−
(3) 社法制定50周年・創立125周年記念−全国赤十字大会を開催−
(4) JRC指導者研修会を開催
(5) 7月は「愛の血液助け合い運動」月間です−献血にご理解とご協力を!
(6) 「赤十字スカイハートホームページ開設!ボランティアネットワークへさらなる展望
(7) 災害救護活動用通信指令車を整備
(8) 水上安全法のマメ知識
(9) 奉仕団紹介−秋田経済法科大学厚生委員会学生赤十字奉仕団−
(10) 高額社資協力会社のご紹介(平成14年4月1日〜6月24日納入分)
line
No30 2002年(平成14年)10月1日発行
No.30 No30-2
(1) 秋田市で大雨水害発生!−日赤秋田県支部が救援物資急送−
(2) やってみよう!僕たちにできること−秋田・河辺地区児童生徒交流会−
(3) 秋田市・秋田県総合防災訓練−大規模災害を想定−
(4) 赤十字災害救護セミナー開催予定
(5) 夏の思い出−海プログラムを実施−
(6) 能代市赤十字奉仕団創立40周年記念大会開催
(7) 乳児院大運動会
(8) 献血キャラバンふれあい広場in本荘
(9) 平成13年度日赤秋田県支部決算概要
(10) 日赤秋田県支部ホームページ閲覧者1万人突破!!
(11) 高額社資協力会社のご紹介(平成14年6月25日〜9月30日納入分)
line
 
  日本赤十字社秋田県支部
〒010-0922 秋田県秋田市旭北栄町1番5号 秋田県社会福祉会館(地図)
TEL:018-864-2731 FAX:018-864-6852 E-mail:info@akita.jrc.or.jp
Copyright (c) 2007 日本赤十字社秋田県支部 All Rights Reserved.
日本赤十字社秋田県支部