日本赤十字社 秋田県支部
災害救護活動
赤十字奉仕団
看護師養成
赤十字講習
国際活動
医療事業
血液事業
青少年赤十字
乳児院の運営
社員増強運動
赤十字講習…皆様に健康で安全な生活を送っていただくために、日本赤十字社では秋田県内各地で講習会を実施しています。
講習の種類と内容受講の条件と資格
赤十字講習開催予定表
超神ネイガーによるAED実演
法人の皆様へ
 
ポリ袋を使った炊き出しの特徴
 ・ 災害時に最小限の材料で、簡単に炊き出しができます。
 ・ 炊き出したご飯の 持ち運びに便利で、食器や箸が不要なうえ、どこでも食べることができます。
 ・ 手が汚れていても、食べることができます。(おにぎりに比べて衛生的です。)
 ・ 酢を混ぜる、梅干しを入れるなどの工夫で夏でも多少の保存が可能でおいしくいただけます。

ポリ袋
 ・ ポリ袋は「ハイゼックス」とも呼ばれ、中低圧ポリエチレン(耐熱ポリエチレン)でできています。
 ・ 今は楽天等あちこちでサイトで市販されています。(「ハイゼックス」で検索してください。)
 ・ 100枚1200〜1500円程度ですので、町内等で共同購入も可能かと思います。
 ・ 沸騰したお湯の中でも有害物質を出しませんし、焼却炉で燃やしても安全です。

作り方
 ・ 洗った米、あるいは、無洗米約1合(140グラム)と同量の水を袋に入れます。
 ・ 袋のなかに空気が残らないように空気をぬきながら輪ゴム等で口を固くしばります。
 ・ 沸騰したお場の中に入れて30分間煮ます。
 ・ なべの外に出して5分〜10分むらせばできあがります。
 ・ 空気が入っていると膨張して破れたり、浮いてしまいご飯が生煮えになる場合があります。
 ・ 空気をしっかり抜くことがコツです。
 ・ 投げ込んだり、できあがり時に無造作に取り出すとハネがとび、ヤケドをする危険があります。
 ・ やけどしないよう注意しましょう。



 

ハイゼックス袋と炊き出し訓練の様子です
line
  日本赤十字社秋田県支部
〒010-0922 秋田県秋田市旭北栄町1番5号 秋田県社会福祉会館(地図)
TEL:018-864-2731 FAX:018-864-6852 E-mail:info@akita.jrc.or.jp
Copyright (c) 2007 日本赤十字社秋田県支部 All Rights Reserved.
日本赤十字社秋田県支部