日本赤十字社 秋田県支部
災害救護活動
赤十字奉仕団
看護師養成
赤十字講習
国際活動
医療事業
血液事業
青少年赤十字
乳児院の運営
社員増強運動
赤十字講習…皆様に健康で安全な生活を送っていただくために、日本赤十字社では秋田県内各地で講習会を実施しています。
講習の種類と内容受講の条件と資格
赤十字講習開催予定表
超神ネイガーによるAED実演
法人の皆様へ
県内赤十字ニュース
line
秋田県総合防災訓練に赤十字救護班と湯沢市赤十字奉仕団が参加!(2008.09.02)
line

9月2日午前8時から、湯沢市で秋田県総合防災訓練が行われました。
 この訓練は、秋田県と湯沢市の地域防災計画に基づき、「防災関係機関と地域住民が協力して、地震や火災等を想定した各種訓練を行い、災害の予防と災害応急対策等の防災活動が迅速・的確に実施できるようにするとともに、防災意識の高揚を図ることを目的」としておこなったものですが、日赤秋田県支部は、防災関係機関として、また、湯沢市赤十字奉仕団は、地域ボランティアとして、この訓練に参加しました。

○ 災害医療総合訓練
 「地震、火災等で負傷したけが人が雄勝中央病院に集中、雄勝地域振興局福祉環境部では、災害医療対策本部を設置し、地域医師会・災害拠点病院(雄勝中央病院)へ医療救護班の派遣を要請した。」との想定で訓練が行われました。
 日本赤十字社秋田県支部の役割としては、「湯沢市への医療救護班の派遣を決定。」、「高度治療を必要とする重傷者は、医師、看護師同乗のうえ、ヘリコプターで三次医療機関(秋田赤十字病院を想定)への広域搬送を行う。」というもので、日赤救護班(班長:藤田康雄(医師 秋田赤十字病院救命救急センター長)の藤田医師、吉田看護師が重傷者の搬送のため、実際にヘリコプターに乗り込み、訓練が行われました。

○ 応急給水、炊き出し訓練
 「地震等により、避難した市民に対し、応急給食が必要となり、災害対策本部は、自衛隊、エルピーガス協
会、湯沢市赤十字奉仕団等関係機関に炊き出しの準備を要請した。」という想定のもと、湯沢市赤十字奉仕団、日赤秋田県支部をはじめ関係機関が共同して「ハイゼックス」、「JAの炊き出しセット」による応急給食等の訓練が行われました。

 

災害医療総合訓練
災害医療総合訓練
重傷者の三次医療機関への搬送訓練
炊き出し訓練
訓練を終了した湯沢市赤十字奉仕団
  日本赤十字社秋田県支部
〒010-0922 秋田県秋田市旭北栄町1番5号 秋田県社会福祉会館(地図)
TEL:018-864-2731 FAX:018-864-6852 E-mail:info@akita.jrc.or.jp
Copyright (c) 2007 日本赤十字社秋田県支部 All Rights Reserved.
日本赤十字社秋田県支部