県内赤十字ニュース

・大雨災害に対し、秋田県支部が毛布・日用品セットを秋田市内に配布


東北北部に停滞する前線の影響で、秋田県内は11日から断続的な雨に見舞われている。
この雨の影響で、12日(月) 20時20分、秋田市広面谷内佐渡地区住民約100世帯に、また同21時05分、秋田市楢山地区住民20世帯60人に避難勧告が出された。


日本赤十字社秋田県支部の動き

8月12日 (月)
 20:00  県内の被害状況について情報収集
 20:20  秋田市広面谷内佐渡地区住民 約100世帯に避難勧告が出される。
 20:45  支部職員6名 支部に集合
 21:05  秋田市楢山地区住民20世帯60人に避難勧告が出される。
 21:20  毛布130枚、日用品セット110個を支部トラックに 搭載し、避難所「秋田市東部公民館」等へ輸送 (支部職員4名)
 21:50  「秋田市東部公民館」到着
 22:00  22時現在の避難者10世帯28人
        毛布30枚、日用品セット30個を置いて来る (今後避難者が増えることを想定)
 22:30  避難所「秋田市立広面小学校」到着
        22時30分現在の避難者5世帯26人
        毛布30枚、日用品セット20個を置いて来る。(今後避難者が増えることを想定)
 23:00  避難所「秋田市立築山小学校」到着
        23:00現在の避難者11世帯25人
        毛布20枚、日用品セット20個を置いて来る。
 23:20  避難所「秋田市立牛島小学校」到着
 23:00  現在の避難者0人
        毛布10枚、日用品セット10個を置いて来る。
 23:40  支部帰着