県内赤十字ニュース

・台風さえも吹き飛ばす!ボランティアの祭典−秋田県ボランティアフェスティバル−


救急法の実演 7月14日、秋田県湯沢市で「平成14年度秋田県ボランティアフェスティバル」が開催されました。
 日赤秋田県支部では、メイン会場となった湯沢グランドホテルで、救急法実演・非常炊き出し・赤十字事業パネル展示などのコーナーを設けました。
 当日はあいにくの雨の中、湯沢市赤十字奉仕団から15人と秋田県青年赤十字奉仕団連絡協議会から10人が応援に駆けつけ、赤十字コーナーを盛大に盛り上げました。
 救急法コーナーでは、支部職員による心肺蘇生法の実演を中心に、実際に人形に触れ練習してもらいました。また、炊き出しコーナーでは、支部職員や奉仕団が、炊飯袋を利用したご飯の作り方を説明し、実際に作って配布しました。大きな炊き出しの釜には、たくさんの人が集まり、手軽にできる炊き出しに関心を示していました。
 昼過ぎには雨も上がり、会場へ足を運ぶ人が増える中、赤十字コーナーも大いに賑わいました。

 
炊き出しの実演を行う湯沢市赤十字奉仕団
炊き出しの実演を行う湯沢市赤十字奉仕団