県内赤十字ニュース

・念願の「単独の奉仕団」結成!!
 −秋田経済法科大学厚生委員会学生赤十字奉仕団−


 4月26日、秋田経済法科大学厚生委員会学生赤十字奉仕団〔団員25人〕の結団式並びに設立総会が学内にて行われました。
 同奉仕団は秋田経済法科大学厚生委員会の学生で組織されており、結成前までは、秋田市青年赤十字奉仕団に所属し、様々なボランティア活動を行っていましたが、従前より「単独の奉仕団を」という強い希望があり、今回の結成に至りました。
 結団式には、日赤秋田県支部から奥山嶺雄事務局長ら3人の職員と秋田県青年赤十字奉仕団連絡協議会の小林一成会長らが出席しました。
 全員で奉仕団信条を唱和した後、発起人を代表して河村秀太郎さんが「赤十字の基本原則である人道の理念の下、ボランティア活動に力を入れていきたい」と決意を述べました。
 顧問の道端教授は「今までは大学のサークルである厚生委員会として活動を行ってきましたが、これからは赤十字奉仕団としてもボランティア活動をがんばってください」と挨拶しました。
 奥山事務局長は、「本日の結団式により、県内の青年赤十字奉仕団は4団になりました。これからはお互いに切磋琢磨され、奉仕活動を展開されることを期待いたします」と祝辞を贈りました。
 小林会長は「活動の主役は団員である皆さん自身。どんな小さなことでもいいので発言し、行動することから始めてください」と励ましました。
 最後に奥山事務局長から団旗とワッペンが贈られ、結団式を終えました。
 引き続き設立総会を行い、規約や役員の選出等について審議され、いずれも満場一致で承認されました。

 
道端顧問挨拶
奥山支部事務局長祝辞
 
 
小林県青年赤十字奉仕団連絡協議会会長祝辞
 
奥山支部事務局長より団旗とワッペンが贈られる
 
決意を新たに・・・秋田経済法科大学厚生委員会学生赤十字奉仕団の団員ら