メニュー

秋田県支部について

日本赤十字社の創立

明治10年(1877年)の西南の役では、新しい武器による攻防が激しく、多くの傷病兵が戦野に倒れました。

この時、元老院議官佐野常民(佐賀県生、1822~1902年)、同大給恒(長野県生、(1839~1910年)の2人は、同士と語り合って、ヨーロッパで行われている赤十字と同様の救護団体をつくろうと思い立ちました。特に佐野は、慶応3年と明治6年の2回、ヨーロッパに赴き、赤十字の組織と活動について見聞しており、日本でも将来、このような救護団体による戦争、紛争時の傷病者救護が行われなければならないと、堅い信念を抱いていたのです。明治10年3月、佐野、大給両人の趣旨に賛同した発起人によって5カ条からなる博愛社の規則を定め、同年4月に政府に対し救護団体「博愛社」の設立を願い出ました。しかし、明治政府からの回答は、「敵味方の区別なく救護する考え方は素晴らしい。」としながらも、「現地には救護に必要な医師等はすでに派遣しており、医療は足りている。今、新しい組織を作って現地に送れば、逆に混乱をきたす。よって平和なときに検討すべきである。」というものでした。

博愛社の設立を急いだ佐野は、征討総督有栖川宮熾仁親王に直接、博愛社設立の趣意書を差し出すことに意を決し、熊本の司令部に願い出ました。征討総督の宮は、英断を持ってこの博愛社の活動を許可されました。ときに明治10年5月1日のことでした。

博愛社の救護員は、直ちに現場に急行し、官薩両軍の傷病兵の救護にあたりました。そのかたわら、水俣をはじめ地域的に発生したコレラ流行地にも救護員を派遣して予防と手当につとめました。

この博愛社の活動は、当時、敵の負傷者まで助けるという考えが理解できなかった人々を驚かせ、人道、博愛という精神文化の基礎をわが国に植えつけたのです。

西南の役が終わると、博愛社の存廃が問題となりました。しかし、いざという場合に迅速機敏な救護活動を行うには、普段からの用意が必要であるという意見が圧倒的に強く、新たに社則を定めて、小松宮彰仁親王を初代総長に、佐野、大給両人を副総長に推して、博愛社を確固たる恒久永劫の救護団体としました。幸い、皇室の保護と心ある人々の参加によって、社礎は年ごとにかたまっていったのです。

そして、日本政府が一日も早くジュネーブ条約に加盟することを願い、有識者などの協力を得て働きかけた結果、明治20年5月20日、社名を日本赤十字社と改め、同年9月2日には、赤十字国際委員会の承認を得て、正式に国際赤十字の一員に加わったのです。

現在の日本赤十字社は、昭和27年8月14日に制定された日本赤十字社法(法律第305号)による認可法人として、国の内外にわたり活動の輪を広げています。

 

COPYRIGHT © 2018 JAPANESE RED CROSS SOCIETTY AKITA CHAPTER ALL RIGHTS RESERVED.