メニュー

秋田県支部について

赤十字の誕生

1859年6月、スイスの青年がイタリア統一戦争の激戦地ソルフェリーノにほど近いカスティリオーネという町にさしかかりました。そこで、戦争による悲惨な光景を目のあたりにした青年は、町の人々や旅人たちの協力を求め、傷病兵の救護に献身しました。

「傷ついた兵士は、もはや兵士ではない、人間である。人間同士としてその尊い命は救わなければならない。」との信念に、青年は燃えたのです。

旅を終え、スイスに帰った青年は、自ら戦争犠牲者の悲惨な状況を語り伝えるとともに『ソルフェリーノの思い出』(UN SOUVENIR DE SOLFERINO)という本を著し、この中で国際的な救護団体の創設を訴えました。この青年こそ、赤十字の創始者アンリー・デュナンその人です。

このデュナンの訴えは、ヨーロッパ各国に大きな反響を呼びました。やがて、スイスのジュネーブに赤十字国際委員会の前身である5人委員会が発足し、1863年10月には、ヨーロッパ16カ国が参加して最初の国際会議が開かれ、そして、翌1864年8月には、スイスほか15カ国の外交会議で最初のジュネーブ条約(いわゆる赤十字条約)が調印され、ここに国際赤十字組織が正式に誕生したのです。

その後、人道・博愛の精神を根底にした赤十字は、各国で次々と受け入れられていきました。

 

COPYRIGHT © 2018 JAPANESE RED CROSS SOCIETTY AKITA CHAPTER ALL RIGHTS RESERVED.